FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】LOREALと資生堂は認知度と好感度に高い相関性

N43°nature's collectionお試しセット
 中国消費者の企業ブランド意識調査(14)

  前回 は、経営資源イメージ「高品質」「開発力・技術力」「営業力・販売力」「人材力」「経営者優秀」「国際的」6項目の視点から、化粧品・トイレタリーカテゴリー企業5社への理性的なイメージ評価を比較した。資生堂が高収入層、地域でいえば上海市での評価が高いという特徴が分かった。今回は、収入別では3つ目のカテゴリーである「顧客重視」「地域密着」「社会貢献・環境保護」の3項目から、ステークホルダー対応イメージを考察する。

 選択項目は、「非常にあてはまる(5点)」「あてはまる(4点)」「どちらともいえない(3点)」「あてはまらない(2点)」「まったくあてはまらない(1点)」の5段階評価とした。

 「顧客重視」の5段階評価の平均をみると、全5社の平均点数は3.75だが、LOREALがトップで3.93と高く、P&G(3.91)が追随している。前2回の「形容詞イメージ」「経営資源イメージ」で第3位の日系ブランド資生堂がUnileverとほぼ同点の3.72となって、全体平均点数よりも低い。花王の評価は3.44にとどまっている

 「地域密着」の面では、LOREALがP&Gに追いつかれ、全体平均点数の3.66にわずか0.1の差で3.75となり、P&Gが4点近くとなる3.94でトップにある。その次、Unilever(3.67)、資生堂(3.57)、花王(3.43)の順番である。

 「社会貢献」は、他のイメージと比較すると全体的に評価が低く、全5社の平均は3.49にとどまっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


発汗量2.7倍!痩身力1.8倍!の入浴剤デトキシャンバスホット&ほっと


◆化粧品関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。