FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】「新光天地」の登場で揺らぐ上海人の優越感

シャネルレ キャトル オンブル 
北京に現れた「新光天地」のインパクト(1)-祝斌

 上海人は、自らの住む都市が一番良いショッピング環境に恵まれていることを誇りに思ってきたようだが、北京に登場した巨大ショッピングモール「新光天地(SHIN KONG PLACE)」が、上海人の優越感に焦りを与えている。筆者個人も、新光天地は中国全国で最も良いショッピングモールだと思う。ここで「良い」というのは、「高い」「新しい」ではなく「好玩(楽しい)」というニュアンスだ。

 新光天地がオープンした4月まで、北京ではショッピングセンターのシンボルといえば「国貿」だった。多くの上海人は、「国貿」界隈を散策してもこの「北京最高」のスポットを大したことないと思ったかもしれない。北京のショッピングセンターに対するそんな印象も、新光天地の登場で大きく変わったに違いない。

 上海でトップブランドが多く出店するショッピングセンターといえば、南京西路にある「恒隆」が有名だ。上海人は、人の入りが少ないことを「恒隆のように人出が少ない」と例える。PRADAやCHANELといったトップブランドが出店する点では同じだが、恒隆と比べ新光天地はいわゆる親和力がある。広くて明るい店内はクーラーがよく効き、音楽が長閑に流れる。ここには、恒隆が上海に上陸したばかりの頃のような焦慮感はない。ウインドウショッピングもできれば、日常的な買い物もできる。高額な出費が無理であれば、地下にはスーパーや「大時代」に似たフードコートがある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


綿の3倍吸って、7倍乾くマイクロファイバー綿100%【大量】洗える!清潔サラサラお布団 ダブル ...


◆化粧品関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。